ADHDサプリならコドミン!効果を検証して分かった秘密とは?

コドミンの効果の秘密についてまとめてみました!

うちの子はどうも落ち着きがない、もしかしたらADHDかもしれない、
そんなお悩みの方に安心しておすすめできる

子供のADHD向けのサプリがあります。

メディカルファーマジャパン株式会社から販売されている「コドミン」は、

子供のADHDのために作られたサプリメントで多くの評判を得ています!

でも「コドミン」のホームページを見ただけではよくわからない?本当に効果が感じられるのだろうか?
このように不安を感じている方のために、今回は「コドミン」の効果や、効き目の秘密に迫ってみましょう!

<<コドミンを今すぐ980円で始める方法はこちら>>

<ADHDとは?>

まずADHDとはどのような症状の病気なのか詳しくみてみましょう。

ADHDとは「注意欠如」を表すAttention-Deficitと

「多動性障害」を表すHyperactivity Disorderの頭文字を

とって合体させた名前で、二つの症状を併せ持つ病気の少々を表しています。

 

具体的には、「不注意」、「多活動」、「衝動性」の3つに

代表される症状が日常生活の妨げとなり、

連続で6ヶ月以上続いている場合にADHDと診断されます。

 

3つの症状の特徴をまとめると

① 「不注意」
・何事も忘れやすい
・一つのことに集中できない
・片付けや整理が苦手で上手にできない
・すぐ無くし物をしてしまう

② 「多活動」
・授業中なのにじっと座っていることができず歩き回る
・静かにしていなきゃならない時でもひたすらしゃべり続ける
・常に落ち着きがなくそわそわしている

③ 「衝動性」
・思いついたままに行動することが連続する
・順番を待つことができない
・人の話にすぐに割り込む
・脈絡のない内容の発言が連続する
・気に入らないとすぐに乱暴になる

以上が子供のADHDの具体的な症状です。

ADHDの原因は現在すべてが解明はされていませんが、

解かっている範囲だと、脳の中でも思考をつかさどる前頭葉の一部に

先天的な異常がある場合、様々な外部環境の影響を受けてADHDが発症するといわれていますが、

あくまでも遺伝的な要素で発現する病気で、

しつけや育て方との因果関係はないといわれています。

 

症状が確認できる年齢は生後間もない1,2歳でも確認できますが、

実際は日常生活に支障がない場合、通常の子供の行動範囲となりますので

ADHDとは言えないようです。

はっきりと周りとの違いが確認できるようになるのは、

幼稚園や小学校などの集団生活が始まってからがほとんどです。

 

つまり、ADHDの症状は集団行動の際に特に目立つ症状なので、

家庭で暮らしている場合はあまり気にならなかったのに、

幼稚園や小学校での集団生活が始まると急に周りと

違った行動が目立つようになり発見されるのです。

 

<ADHDをチェックする方法は?>

子供のADHDをチェックする方法ですが、

最近はいろいろなサイトでセルフチェックのシートが公開されていますが、

おおもとになっているのはアメリカ精神医学会の

診断基準第5版(DSM-Ⅴ)に掲載されている診断基準です。

特に、「不注意」と「多活動」についてのチェックが

詳しく載っていますので抜粋しておきます。

<A(1):不注意についての判断基準>

以下の症状が6つ以上6ヶ月間継続して確認でき、

発育の度合いに合わず生活に強い支障を与えている場合
(a) 学業,仕事,その他の活動において,頻繁に細かく注意することができない、

または不注意な間違いをしてしまう。

(b) 与えられた課題または遊びの場で注意を集中し続けることが頻繁に困難となる。

(c) 直接話しを向けられたときにしばしば聞いていないように見える。

(d) しばしば指示に従えず,学業,用事または職場での義務をやり遂げることができない

(反抗的に行なっているわけではないし指示を理解していないわけではない)。

(e) 順序立てて課題を進めたり活動をしたりすることがしばしば困難である。

(f) (勉強や宿題のような)精神的な努力の持続が必要な課題に

取り組むことをしばしば避けたり、嫌がったりし、

やりたくなさそうに行ったりもする。

(g) 課題や活動に必要なもの

(例:おもちゃ,学校の宿題,鉛筆,本,または道具)などを、

しばしばなくしてしまう。

(h) 外部から刺激があるとしばしば気が散ってしまう。

(i) 毎日の活動で忘れっぽいことがたびたびある。

 

<A(2):多動性および衝動性についての判断基準>

以下の症状が6つ以上6ヶ月間継続して確認でき、

発育の度合いに合わず生活に強い支障を与えている場合

(a) しばしば手足をそわそわと動かし,またはいすの上でもじもじしたりする。
(b) しばしば教室などの座っていることを要求される状況において席を離れてしまう。
(c) しばしば,その場の状況を考えず,あちこちを走り回ったり高い所へ上がったりする。
(d) 静かに遊んだり、余暇活動を行ったりすることができないことが多い。
(e) じっとしていられなかったり、“エンジンで動かされているように”行動したりすることがたびたびある。
(f) しゃべりすぎることが頻繁にある。
(g) 質問が終わる前にいきなり答え始めてしまうことがしばしばおこる。
(h) 順番を待つことが困難である場合がしばしばある。
(i) 他人を妨害したり邪魔をしたりすることがしばしばある。

これらの項目でセルフチェックができます。

さらにこれらの特徴を年代別に分けてみると症状の現れ方に下記のような特徴がみられます。

① 0歳~2歳までの乳幼児
この年齢の段階では明確にADHDと判断することは難しく、また決めつけるのは危険です。
ただしADHDと判断された子供がこの時期にとる行動の特徴は次の通りです。
・寝つきが悪い
・落ち着きがなく寝返りが多い
・抱かれるのを嫌がる
・じっと見つめることができない

これらの行動はADHDに限った行動ではないので、

これらの行動から決めつけるのはこの年齢では危険です。

② 3歳~5歳までの幼児
この年齢はちょうど幼稚園や保育園に入るころで今まで過程では気にならなかった行動が、

集団の中で目立ってくるころで、特徴は次の通りです。

・教室や集会で落ち着いて座っていることができず、すぐにうろうろしてしまう
・我慢をすることができずすぐにかんしゃくを起こしてしまう
・気に入らないとすぐにたたいたり乱暴したりする
・物を壊したり投げたりする

この年齢のこれらの特徴も一概にADHDと決めつけられません。

ほかの病気の場合もありますので気になる場合は専門家に相談が必要です。

③ 6歳~12歳までの児童(小学生)
この年齢になると極めてはっきりと特徴的な行動が現れるため、ADHDと診断されることが多い年齢で、特徴は次の通りです。

・授業中にじっとしていられずうろうろと歩き回る
・注意力がないので一つのことに集中できない
・物忘れがひどくすぐになくしてしまう
・順番が守れない
・人の会話に唐突に割り込む

この年齢になると、これだけではなくその他のADHDの症状がはっきりと表れてきますので、判断も正確にできるようになりますが、素人が判断できるのはあくまでも可能性があるということだけですので、まずは身近な無料相談ができる市町村の公的機関を利用するとよいでしょう。

主な相談窓口は、「子育て支援センター」「発達障碍者支援センター」「保健センター」などがありますが、よくわからない場合はお住いの市町村役場の福祉課か子育て支援窓口で確認できますのでまずは相談に行きましょう。

さらに細かく調べてもらいたい場合は、専門の病院で診察を受けるようにしましょう。

<ADHDの治療法は?>

現在行われているADHDに対する治療は、心理療法と薬物療法の二つが行われています。

① 心理療法
子供のADHDに対処する心理療法は、ADHDの子供が訓練するものと、子供の親が訓練するものがあります。
・子供が行う訓練(ソーシャルスキルトレーニング)
この訓練はADHDの症状の特徴ともいえる他の人とコミュニケーションが上手にできなくなる状態を改善するために行われる訓練で、あそびを通じてルールを守ったり仲間と協力することや勝ったり負けたりすることがあるということを訓練する「ゲーム」と、お芝居のように色々な場面を想定しどのように行動すればよいかを訓練する「ロールプレイング」があります。

・親が行う訓練(ペアントトレーニング)
この訓練は、ADHDの子供を持つ親がどのように子供と生活を続けてゆくかを学ぶ訓練で、子どもの行動について理解するための知識を学んだり、子供に接するための方法やこの病気と付き合ってゆく上の悩みの解決方法などを学んだりする「講義」と、講義で与えられた課題に沿って、子供に接したり指導し、その結果を次の講義で再確認する「ホームワーク」があります。

② 薬物療法
薬を飲ませてADHDの3つの症状「不注意」、「過活動」、「衝動性」を緩和させる方法で、現在は2種類の薬品が使用されています。

・アセトモキセチン(薬品名:ストラテラ)
この薬は争う気持ちや不都合がおきるとそこから逃避したくなる反応を引き起こす神経伝達物質ノルアドレナリンを阻害する薬です。
効果が出るまでは数週間かかりますが、一度効果が表れてからは1日1回の内服でほぼ24時間持続します。副作用は、軽度の場合食欲不振が現れますが、重度の場合は肝機能障害やアナフィラキシーを起こすことがある劇薬指定のお薬です。

・メチルフェニデート(薬品名:コンサータ)
この薬は精神刺激剤の一種で、活動したくなる気持ちを高める効果があります。アセトモキセチンと違うところは、効果が連続するのではなく一般の薬と同じように徐々に効き目が消えてゆきます。
ADHDの子供に対しては集中力を高める作用があり、根気よく作業を続けられるようになり、落ち着いて席に座ってもいられるようになります。効果が連続しないため副作用は少ないのですが、興奮刺激剤の一種であるため精神的に繰り返し使用したくなる場合もありますが、麻薬のような肉体による依存ではありませんので、興味が別のものに移れば繰り返し使用したくなる気持ちはなくなります。

以上が子供のADHDの治療に現在行われている内容ですが、最近ではサプリメントでの治療も効果が認められてきています。

サプリメントは医薬品と違い補助食品として販売されておりますので気軽に試すことができるのが特徴です。

もし、ご家庭でセルフチェックを試した場合の結果が気になるのであれば、まずは気軽に試せるサプリメントを使ってみてはいかがでしょうか?

ADHDの子供をサポートしてくれるサプリメントもいろいろ出ていますが最近の話題に上がっているのは「コドミン」というサプリメントです。

<「コドミン」はどんなサプリメント?>

・何度言い聞かせても同じことを繰り返す
・周りに迷惑をかけることをする
・順番やルールが守れない
・授業中じっとしていられない
・朝なかなか起きられない
・友達と仲良くできない
・場所を考えずに騒いでしまう
・忘れ物が多い

これ等はADHDの子供の症状のうち「不注意型」と分類される特徴です。
「コドミン」はこれらの症状を緩和し落ち着きや集中をサポートしてくれるサプリメントです。
つまり、落ち着きがなく、友達と仲良くできなかった子供が普通に学校へ行けるようにサポートしてくれるということです。
さらにサプリメントとは基本的に薬剤ではなく補助食品ですので、小さい子供でも始められるところが特徴です。乳幼児は別として、3歳以上で普通の食事ができる子どもであれば飲むことができます。

<コドミンにはどんな効果が期待できる?その効果の秘密は?>

「コドミン」の効果をホームページで見てみると、

「落ち着きがなく、友達と仲良くできなかった子が笑顔で学校に行ってます!」とあります。

つまり、ADHDの症状の中でも、「不注意」や「多活動」といわれている症状を

緩和する効果が期待できるということで、子どもの集中や記憶、

行動の落ち着きをサポートする効果が期待できるサプリメントのようです。

<コドミンにはどんな成分が?ADHDに効果が期待できるのはどんな成分?>

「コドミン」にはどのような成分が含まれているのでしょうか?
それでは実際に含まれる成分をチェックしてみましょう。

メーカーのホームページにある成分表を見てみると「ホスファチジルセリン」が

1粒あたり100mg配合されていると載っています。

 

続いて「コドミン」の主成分「ホスファチジルセリン」は

どのような成分なのかをチェックしてみましょう。

 

「ホスファチジルセリン」は細胞間において信号を受け渡しする役割を持つ

リン脂質の一部で、通常は細胞膜の内側に蓄えられています。

通常の細胞では、「ホスファチジルセリン」はさほど多く存在しませんが、

脳細胞ではリン脂質の約10%が「ホスファチジルセリン」で

脳細胞が活動するために重要な成分となっています。

また、「ホスファチジルセリン」は近年注目を浴びている脳を

活性化させるブレインフードとしてDHAやギャバ、

イチョウバエキスのほかに新しく注目されている成分でもあります。

 

では「ホスファチジルセリン」は脳に対してどのような効果があるのでしょうか?

 

脳細胞の構造を見てみると、細胞膜が脳細胞を保護するフィルターとなり

必要な養分や酸素、情報を伝える物質などを取り込んだり、

不要な老廃物を脳細胞の外へ排出したりする役割を担っています。

しかし、細胞膜が老化や病気のために固くなってくると

肝心のフィルターの機能がスムーズに行なえなくなり、

必要な酸素や養分を取り込みづらくなったり、

老廃物を排出しづらくなったりします。

 

「ホスファチジルセリン」はこのような状態の脳細胞の細胞膜を

柔らかな状態に戻し、フィルターの機能を回復させ、

不要なものはブロックしスムーズに必要な物質を取り込めるようになります。

 

また不要物の排出もスムーズになり、

脳細胞を常にフレッシュな状態にしてくれるのです。

 

これ等の効果は、脳だけではなく体全体の細胞膜も活性化してくれるため、

初期のころはスポーツ栄養として取り上げられていました。

 

長時間耐久力の必要とされる、ゴルフ、サイクリング、耐久運転などの

選手が受けるストレスを緩和し、集中力を高める効果が期待されたのです。

 

その後、認知症の患者に対する臨床試験で効果を認められたり、

記憶障害の患者に対する臨床試験で効果が確認されたりした中で、

こどものADHDにも効果が期待できるとして研究がすすめられ、

2006年に倉敷私立短期大学の 平山諭教授たちによって

「ホスファチジルセリン」は子供のADHDの改善に効果があることが確認されました。

 

その研究によると「ホスファチジルセリン」は

神経細胞同士の間にある情報受け渡しを行っている部分の細胞膜で、

ドーパミンと呼ばれている神経情報伝達物質を活性化し、

脳の一部が先天的機能障害であるADHDの症状に対して、

機能障害を起こしている神経ネットワークを改めて活性化させる

可能性があると指摘されています。

さらにこの研究では「ホスファチジルセリン」をサプリメントとして

飲み続けることは子供のADHDに効果があると指摘しています。

 

これ等の研究結果を受けて、「ホスファチジルセリン」を

主成分とするサプリメントが子供のADHDのために

作られるようになりました。

 

<「コドミン」に配合されている成分は安全?>

まず主成分の「ホスファチジルセリン」ですが、

副作用の少ないとても安全な成分といわれています。

 

多くの臨床実験では1日200mgから300mgの「ホスファチジルセリン」を

長期間(2~3か月間)与え続けていますが現在まで問題は発見されていません。

但し、1日当たり500mgから600mgのような大量の摂取を続けた場合は

眠れなくなったり胃腸を壊したりしますが、

それ以下での服用は極めて安全な成分といわれています。

 

その他に「コドミン」に含まれる成分は、

一般の販売されているガムやお菓子のタブレットに含まれているような、

還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、酸味料、ステアリン酸カルシウム、

香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、

甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

ですので乳幼児以上の子供には特に指摘する問題はありません。

 

これ等の甘味料は子供が飲みやすくするための工夫で、

「ホスファチジルセリン」自体に苦みがあるため、

大人なら我慢ができますが、子供にはちょっと無理があります。

そこで「コドミン」は薄くラムネ味をつけることによって

子供が嫌がらずに毎日飲める工夫をしてあるのです。

お菓子好きの子供だと際限なく食べてしまうかもしれませんので

逆に注意が必要です(苦笑)

<コドミンに飲み方はありますか?>

「コドミン」の主成分の「ホスファチジルセリン」は

効果がはっきりとしてくるまでにやや時間のかかる成分ですので、

まず1ヶ月以上継続して飲むことが必要です。

 

一日の中でどのタイミングで飲めばよいかということは特にありませんが、

定期的な服用が目安ですのである程度飲む時間は決めておいたほうが、

体に吸収する量にむらができないので良いでしょう。

 

また、ADHDの症状にも人それぞれの特徴がありますので、

昼間の状態を改善したい場合は朝に飲むとか、

夜寝つきが悪くて困っている場合は夕方に飲むなどの工夫もよいでしょう。

その子供の症状に合わせて飲むタイミングを工夫するとより効果的です。

 

また、「コドミン」に含まれる「ホスファチジルセリン」は

珍しく化学的に効果が検証された成分です。

 

この検証に基づいて一粒(100mg配合)が決められていますので、

いっぺんにたくさん飲むより毎日欠かさずに一粒飲むことを

心がけたほうが効果は期待できます。

 

飲み合わせに関しては、特に問題は指摘されておりません。

 

「コドミン」に含まれる「ホスファチジルセリン」は

大豆に含まれる成分ですので大量に摂取しなければ

一般の食品と同じに考えてよいようですが、

「コドミン」を飲んでいる子供が新たにADHDの治療を受ける際は、

念のため「ホスファチジルセリン」配合のサプリメントを

飲んでいることは伝えたほうが良いでしょう。

 

ただ、パーキンソン病の治療薬の抗コリン薬と、

アルツハイマー病の治療薬の抗コリンエステラーゼ薬は

「ホスファチジルセリン」と相互作用を起こして、

効き目を阻害したり効きすぎたりしますが、

この薬は子供には関係ありませんので問題はありません。

<「コドミン」の口コミってどんなのがありますか?>

「コドミン」もサプリメントの一種ですから

人によっては効果が無かったりしますが、

多くの方は効果を感じているようです。

「コドミン」を購入するとついてくる小冊子にも

多くの口コミが寄せられていますので紹介しましょう!

・落ち着きのなかった息子がみんなと仲良くできるようになりました
(東京都 山田さん 35歳女性)

・学校の先生に「最近は授業中も落ち着いて座っていられますよ」と言われ、本当に嬉しかったです。
(40歳女性 大阪府)

・小学校2年生になるうちの息子は、自分の思い通りにいかないと

すぐにカンシャクを起こし、友達と遊ぶといってもすぐにケンカ。

だんだん友達がいなくなるのではと悩み、コドミンを飲ませ始めると、

次第に友達付き合いが上手くなったのか、遊びに出かけると1日帰ってきません。

心配は耐えませんがよかったです。
(月岡加奈さん28歳2児のママ)

・どこに行っても落ち着きがなかった息子でしたが、

最近は一緒に外出するときの心配が減りました。
(38歳女性 東京都)

・子供が落ち着いてきたことで、ギクシャクしていた家族関係が良くなりました。

ありがとうございます!
(42歳男性 東京都)

・息子はとにかく落ち着きがなくて5分以上じっと座っていることができません。

小学校入学前に座って食事もできない状況はダメだと思い、

コドミンを飲ませ始めました。

将来が不安な息子でしたが、今では座って食事どころか、

落ち着きのある子とほめられています。
(ゆかりさん41歳 1児のママ)

・お友達と楽しく遊ぶことができるようになり、仲良しのお友達もできました。

嫌がっていた保育園にも、最近は笑顔で行けています
(35歳女性 三重県)

このように多くの声が聞かれます

<「コドミン」はどんな子供におすすめですか?

お勧めできない場合は?>

「コドミン」はADHDの症状の「不注意」、

「過活動」に特に効果が期待できるサプリメントです。

 

子供の普段の行動が気になって専門機関で診察を受けたけど、

認定されなかった場合は心理療法や薬物療法は受けられません。

 

それでもやっぱり普段の行動が気になる、たまに周りとトラブルを起こすことがある、

とお悩みの場合にサプリメントは気軽に試せるので「コドミン」をおすすめします。

 

「コドミン」に含まれている「ホスファチジルセリン」は

子供のADHDだけではなくスポーツのストレス解消や、

頭脳の働きを良くするブレインフーズとしても利用されていますので、

副作用を気にせず飲ませることができるので安心です。

 

ただ、大豆からの抽出成分ですので子供が大豆アレルギーの場合は

他の食材と同じように注意が必要ですが、

それ以外は特にお勧めできないということはありません。

<その他にも同じようなサプリメントはありますか?>

「コドミン」と同じようなサプリメントには

「リパミンPS」というのがあります。

「リパミンPS」の特徴は「ホスファチジルセリン」のほかに

ストレスを抑える効果がある「チロシン」と

イライラや不安感を抑える効果のある「トリプトファン」が含まれています。

ただ、「コドミン」に比べると高価格なのが気になるところです。

「コドミン」と比較してみると、
定期コース初回では
「コドミン」・・・・980円
「リパミンPS」・・1,500円
と大幅に価格が違うので、

お試しが気軽にできる「コドミン」をおすすめします!

<「コドミン」はどこで買えるのでしょうか?>

一般のネットショッピングで探してみると楽天以外のAmazonや

ヤフーショッピングで1件だけ取り扱いが確認できます。

チューチューショップというストアですが、

価格は割引なしの8,980円ですので

やはり正規販売メーカーの通販がお得です!

正規販売メーカーは「メディカルファーマジャパン株式会社」という会社で

「コドミン」と検索するとホームページを確認することができます。

<「コドミン」をお得に買うには?>

お得に購入できるのはやはり公式サイトでのショッピングがおすすめです。
「コドミン」の公式サイトには割引のある「トクトクコース」の説明がのっていますので、こちらを利用するのがベストです!

「トクトクコース」
(特典1)定期コースを申し込むと、定価8,980円が、初回89%オフの980円(税抜き)
(特典2)2~4回目3,000円オフ(税抜き)
(特典3)5回目以降5,000円オフ(税抜き)
(特典4)送料無料
(特典5)決済手数料無料
(特典6)定期周期変更自由
(特典7)60日間返金保障

このようにお得なコースが用意されています!
さらに、最低3回(3ヶ月)以上の継続が条件ですが、子供に合わないと感じたら60日以内までは返金保障が受けられるところも親切な設定となっています。

今回の説明を見て、今すぐ購入したい方はぜひ公式サイトを尋ねましょう!

公式サイトはこちらからです!

https://mpj.jp/shopping/lp.php?p=kodomin

 

ADHDサプリについてもっと詳しく知りたい方へ【ADHDサプリ効果検証サイト