ADHDサプリならコドミン!効果を検証して分かった秘密とは?
ADHDサプリならコドミン!効果を検証して分かった秘密とは? > コドミンについて > コドミンに配合されている全成分を紹介!どんな成分が配合されていてどんな特徴がある?

コドミンに配合されている全成分を紹介!どんな成分が配合されていてどんな特徴がある?

 

小さいお子さんの輪の中にひとりは居る

「じっとしていられない」

「ほかの子にすぐちょっかいを出したり邪魔をしてしまう」

「カッとなりやすい」お子さん。

こんな子たちは、少なくはないことと

ある程度小さいうちは親御さんも

“元気がいいわ”くらいにしか気にはかからないものです。

 

こんな“ゴソゴソ”“ワーワー”が直らないお子さんがまれに居ます。

 

または、ほかのお子さんよりも明らかに

その言動が目立っていることがあります。

 

だいたい幼稚園や保育所に上がるころになると
「うちの子だけじっとしてられないな」と

色んな不安な気持ちになることや、
言うことを聞いてくれないことで親御さんが

「怒ったらダメだけどイライラしてしまう」と悩まされます。

 

ADHD…(注意欠陥多動性障害)
不注意 集中力が続かない、気が散りやすい、忘れやすい。
多動性 じっとしていられない、落ち着きがない。
衝動性 思い立つとよく考えず行動に移してしまう。

 

上記にあるように、そのお子さんたちの“落ち着きがない”や

“じっとしていられない”などは

ADHD…(注意欠陥多動性障害)の可能性があるのです。

 

ADHDはお子さんの約3%~5%が患う発達障害です。

記憶力や集中力も低いためお話をじっと聞けなったり、

ひとつの物事に打ち込めなかったりとほかのお子さんたちとの

“差”が元々少しあります。

 

もしお子さんがADHDならば、今までお子さんの言動で悩んできたことは

お子さんが悪いわけでも、親御さんのしつけが

なってないわけでもなかったんです。

 

今回は、そんなADHDのお子さんの症状改善に効果が期待できる

「コドミン」の全配合成分とどんな特徴があるかについてお話ししたいと思います。

 

(1) 還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖水飴はデンプンから作られた甘味料を水飴状にしたもののことです。
摂取カロリーが少なく砂糖に比べて食後の急激な

血中濃度の上昇が起きにくい甘味料です。

 

(2)ブドウ糖

ブドウ糖は炭水化物など食事から得られる栄養素で、

不可欠なエネルギー元に該当する成分です。

脳のエネルギーとなり、イライラしたり集中力に

低下を避けることができます。

 

(3)ホスファチジルセリン(大豆含む)結晶セルロース

ホスファチジルセリンは細胞膜の

主要な構成成分となるリン脂質の成分です。

この成分に期待できる点は、記憶機能や認知機能の改善、

注意欠陥・多動性障害等の改善です。

 

(4)酸味料

食品に酸味をつける添加物のことです。

 

(5)ステアリン酸カルシウム

ステアリン酸カルシウムは、動物性脂肪だけでなく

植物性脂肪にも多く含まれている飽和脂肪酸のことです。

 

(6)香料

食品や食品以外のものにも香り付けを行えるものです。

 

(7)微粒二酸化ケイ素

ミネラルや、必須の微量元素のひとつです。
サプリメントなどの変質防止や食感を

サラッとさせるためにも使われます。

 

(8)ビタミンB1

ビタミンB1糖質と一緒に摂ることでより脳のエネルギーとなり、

身体的も疲れを取る効果も期待できます。

 

(9)甘味料

食品に甘みを付けるために用いられる調味料のことです。

 

こういった成分が含まれているのですが、
最も効果が期待されている成分がホスファチジルセリンです。

集中力・落ち着きをよくしてくれる効果が期待できる

希少な栄養成分で、コドミン一番の配合成分です。

摂りつづけることでより効果を発揮するホスファチジルセリンを

コドミンは1粒あたり100mgも配合していて

お子さんの気になる症状をなくしてくれる救世主になってくれます。

この機会に「コドミン」を試してみてはいかがでしょうか?

<<コドミンを89%オフの980円で手に入れる方法はこちら>>


トラックバックURL

http://www.daidaihuasale.com/kodominingredient/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です